の気配を感じながらもまだちょっと遠い?!
・・・・・と言いながらも日差しが強くなって慌てることと言えば
『紫外線予防』でしょうか?

また、薄着になる季節にもなるので体型も気になってきますよね~
冬太りしちゃってダイエットしなきゃって体型が気になる方には私も実践中のアイテムは、食事の時に飲むだけで脂(油)分をデトックスしてくれるスルスル茶でいい感じに毎日自然にスッキリしています。

ということで、『シミケア』には、最近溺愛している、保湿と美白をひっくるめてケアしてくれる”メラノーセ”と言うクリーム。
美容のプロの間でも話題!シミでもう悩まない!メラノーセ
Melanoze-001_201602181232416d3.png

このメラノーセはとにかく潤う!!
様々な肌ダメージを引き起こす原因は乾燥なので、お肌を潤わせてくれるのが第一条件!!そして、同時に美白効果のある化粧品を使用する。
って言うことから潤って美白効果のあるこのメラノーセに注目しているんです

美白有効成分は色々あります。その中で、このメラノーセにはシミの原因のもとであるメラニンができるのを抑え美白効果を発揮してくれると言う「アルブチン」を配合されています。それと同時に肌荒れ効果のある成分も配合されているし、ハリやツヤ成分なんかも配合していて美白ケアしながらエイジングケアもしてくれるクリームなんです。


ここで美白効果のある成分を548名のドクターが所属するスキンケア情報サイト『スキンケア大学』より抜粋してみましたので参考にされてください。

美白効果をもたらす医薬部外品
医薬部外品とは薬事法第2条第2項1~3に準ずるもので、化粧品と医薬品の中間的存在とされ、医薬品よりは作用が緩和だけれど、何らかの改善効果が期待できるものを言います。1980年代の後半から美白効果のある成分がいくつか厚生労働省により承認され、1990年代になると美白ブームが始まりました。

長年にわたる開発の成果により美白成分の数も増えており、美白へのアプローチ法は成分によって、下記のように大きく3つに分かれています。

1.メラニンができる過程に働きかける
2.できてしまったメラニンを還元する
3.メラニンを含む古い角質の剥離を促す

成分によっては、複数の作用を持つものもあります。美白化粧品選びに迷うときには、厚生労働省に認可された美白成分を使用した医薬部外品を選んでも良いでしょう。

目的によって使い分けたい美白成分
では、美白成分にはどのようなものがあるのでしょうか。
美白成分のそれぞれの働きを理解することが、目的にあった選び方ができる第一歩となります。

厚生労働省認可の有効美白成分
・トラネキサム酸…肝斑の治療薬にも配合されている美白成分。酵素チロシナーゼを分解する作用がある。
・ビタミンC誘導体…ビタミンCを安定化させ、皮膚に浸透しやすくしたもの。メラニンを還元する、活性酸素を抑えるなどの働きがある。
・リノール酸…ベニバナ油から作られた美白成分。チロシナーゼの量を減らす作用がある。
・アルブチン…メラニンができる際に働く酵素チロシナーゼの働きを阻害することでシミを防ぐ。
・コウジ酸…コウジ菌から生まれた美白成分で、チロシナーゼの活性を抑える。
・プラセンタエキス…動物の胎盤から抽出された成分で、アミノ酸やビタミンなどを含んでいる。メラニン生成の抑制、代謝促進などの作用を持つ。
・エラグ酸…ブラックベリーやイチゴなどに含まれる成分。抗酸化作用があり、チロシナーゼの働きを抑制する。
・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)…メラニンを抑制し、ターンオーバーを改善することで、メラニンを含む古い角質を落としやすくする。
・ニコチン酸アミド…水溶性のビタミンB3。メラニン色素が表皮細胞に受け渡される過程を阻害する。
・ルシノ―ル(4-n-ブチルレゾルシノール)…メラニンの生成段階で起こるチロシンと酵素チロシナーゼの結合を防ぐ。
・マグノリグナン…チロシナーゼタンパク質の成熟化を防ぐことで、シミを防ぐ。
・t-シクロアミノ酸誘導体…情報伝達物質プロスタグランジを抑制する。
・カモミラET…カモミールの抽出成分で、情報伝達物質エンドセリンを抑制する。
・ハイドロキノン…もともとは皮膚科などでしか扱われていなかったのが、市販の美白コスメにも配合できるように。光酸化に弱いという性質がある。

その他の有効成分
・アラントイン…新陳代謝を促進。すでにできてしまったメラニンを排出する働きがある。

美白成分は作用が高い分、肌がデリケートな人はトラブルが起こる場合があるので、心配な方はパッチテストをしてから顔に使用することをオススメします。

スキンケア大学より引用~



頑固なシミにもアプローチしてくれる「メラノーセ」

使い方は、朝と晩、洗顔後のお肌に直接。または、化粧水や美容液を塗ったあとにお肌になじませて行きます。
私は、化粧水⇒オールインワンジェル、又は美容液⇒クリーム⇒メラノーセって感じに使っています。
Melanoze-005.png

手のひらに直径1.5cm程を出しシミの気になるところなどを重点的に塗って行くんですが、とっても伸びがよく浸透性にも優れているところもGoodなポイント
Melanoze-006.png

お肌の状態によっては化粧水の後にこのメラノーセ1本でOK!保湿、美白、エイジングケアもこれ1本でケアをしてくれるのは経済的だし時短ケアができちゃいますね。
(お肌の状態に合わせて使ってください)

Melanoze-007.png

でっ!!見て~このうるうる感~
美容液並みに潤うところが溺愛している理由だったりします。
、このメラノーセの保管方法は美白効果を維持するために「冷蔵」するところが注意点です!!

このメラノーセは、なんと!!
『世界モンドセレクション2011~2015年まで5年連続「金賞」受賞』しています。


このメラノーセは、美白ケアによくありがちな独特な香りもないし、抗炎症作用のあるグリチルレチン酸2Kという成分が入っているので赤みが出たりすることもなく使えています。

また、美白ケア品って高額だったりするんですが、このメラノーセはモンドセレクションを受賞した記念として
通常価格:8,800円するのが今なら、ずっと1,000円(+税)で続けることができるんです。
また、満足できなかったら全額返金保証されているので、1,000円でならトライアル感覚で使えると思います。

この金額なら継続しやすいところもありがたいポイントです!!
特に頑固なシミをまっさらにするには継続が必要ですもんね~
そして、今ならメラノーセがもう1本無料+食べる美容ゼリーの5日分がプレゼントキャンペーン中!!

私の前回のレビューもご参考に⇒シミ・くすみの原因を抑えこむ美白有効成分配合の【メラノーセ】これ1本でしっとり透明肌に!!1本無料プレゼント中!

ハート_m1詳細&お申し込みはコチラから⇒美容のプロがようやくたどり着いたシミ美白クリーム!

関連記事
※各記事内容は執筆時の情報です。
キャンペーン等がある商品に関しましては現在と異なる場合がありますので、
販売サイトもしくは私のブログ記事内のバナーにて最新情報をご確認ください。

014404.jpg

ランキングに参加しています。ポチッとしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ