女性は年齢とともに体に感じる変化が男性よりも際立って現れてきます。

特に不安になる「更年期」を迎える時。

更年期の時期は、だいたい45歳〜56歳ころに、閉経が近づいてくるとともに女性ホルモンであるエストロゲンが減少するためと言われています。

感じる症状は人それぞれ違うとも言われています。
中でも多いのが、首筋・肩のこり、顔のほてり(ホットフラッシュ)、生理不順・不正出血、不安感、イライラ感・・・などの症状を感じることを更年期障害と言います。

最近では無理なダイエットやストレスを非常に感じるなどが原因で卵巣の機能が低下し、30代〜40代の若年更年期になり、不妊症や生理不順で悩まれる方も多いという話も聞きます。

そこで、今日は、その更年期障害の原因ともなる女性ホルモンの減少を抑えてくれる働きがあると言われているプラセンタのサプリメント、ヘルスライフ シープ プラセンタ(羊由来 エキス)25,000mgの紹介をしますね。

DSC_1339.jpg


プラセンタと一言で言うけれど、色々な種類があります。

動物性プラセンタ。
海洋性プラセンタ(鮭などの卵巣膜)。
植物性プラセンタ(植物の胎座)。

中でも動物性プラセンタでポピュラーなのが「豚」「馬」「羊」の胎盤から抽出したプラセンタエキス。

これらの中で「羊」のプラセンタが一番人間の胎盤に近い構造をし、吸収率もよく、豚や馬に比べ安全性も高いと人気を集めています。

そして、多くの羊プラセンタに使われているのはニュージランド産の羊から抽出されたもの。
「自然大国」と言われるニュージランド産の羊はベストな環境で育っているので感染症がなく安全性がとても高いんです。

嘘か本当かわかりませんが・・・ニュージーランドは人口より羊の数のほうが多いと聞いたことがあります。(←余談でした 笑)

と言う事で、前置きが長くなりましたが、今日紹介するヘルスライフ シープ プラセンタ(羊由来 エキス)25,000mgはバッチリ条件が揃っているんです。

» 記事の続きを読む